スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新刊発売!  もう一つの農協



もう一つの農協

 今農業界も農協界も大変なピンチを迎えている。米の減反政策廃止、輸出農業で相手国の農業侵害、TPP問題、農地法、企業参入、小作時代よりもひどい農業労働者に、徒な規模拡大論、離脱農、集落崩壊、農協解体論まで出てきた. 
 かたや国民の健康レベルは危機的状況で、4人に一人が糖尿病、その他予備軍多数、そして死因は悪性疾患であり、その原因も探求される事なく、ただ対症療法できりぬけようとする愚かな状況を示している。それに加えて人畜共通病が蔓延していることも恐怖の対象であり、更に念押しが放射能の危機で止めになりそうである。

佐藤 喜作 著  
仁賀保町農協参事、1973年から96年まで代表理事組合長、現在、日本有機農業研究会理事長。社団法人農協協会代表理事会長、東京都中央区日中友好協会会長理事などを務める。 

http://www.izumiya-p.com/   2000円+税
スポンサーサイト

新刊情報!ウソ?ホント?栄地区の伝説

sakaedennsetu100.jpg

ウソ?ホント?栄地区の伝説

~大清水のオシドリ~
 横手インターチェンジ入り口の左手に大小2つの沼があります。大きい方を「大沼」、小さい方を大清水(おしづみ=小沼)と呼んでいます。大清水と書いてどうして「おしづみ」と呼んでいるかは定かではありませんが、大清水の底からは清水が湧いているからと言われています。この小沼には「おしどり伝説」が伝わっています。

『ウソ?ホント? 栄地区の伝説』
黒沢せいこ 著 
 中学生のころから詩作や郷土史に興味を持ち活動。昭和63年「雪国のむかしっこ」の出版をきっかけに、秋田県に伝わる昔ばなしの採訪や収集などに本格的に携わる。平成8年から5年間、月刊誌「はたはた」に昔ばなしを連載。その後、地域の昔ばなしの研究や採取のかたわら、伝承の語りと書承の語りを継承する、語り手としての活動もしている。

2000円+税 ネット注文承り中!
http://www.izumiya-p.com/index.php
プロフィール

イズミヤ印刷

Author:イズミヤ印刷
横手市十文字町の、イズミヤ印刷です。自費出版・アルバム等随時受付中です。自分だけの、記念に残る“本”作ってみませんか?新しく相互リンクも歓迎中。コメントorメールでお知らせ下さい。
⇒ メールを送る
⇒ イズミヤ印刷ホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
       閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。