FC2ブログ

増田今昔物語 ~伝説と昔話~ 黒沢 せいこ著

新刊・出版物等
05 /15 2020
増田今昔物語

増田今昔物語 ~伝説と昔話~
黒沢 せいこ 著 1500+税円

発刊されました!


義経三貫桜 (真人)  梅栄桜の由来(満福寺)  真人山の三鷹 (真人山) 彦六塚 (増田町平鹿) 監物塚 (戸波) 宗本塚 真人ヘグリと久蔵 コロリ地蔵 (満福寺)  二本杉物語 (土肥館) 縫殿の小原氏と通覚寺 (縫殿)  「ほたるまち」の由来  5増田十文字の猩々碑  呪われた短剣   お松とお玉 (湯の沢)  一反三百ソンプラリン (菅生) 貧乏士族  キツネにだまされた話 (三栗)   オオカミのまつげ (亀田) ばくち打ちのブッタクレ (八木)  金色のふな  ふぐだらビッキ 堅忍塚めぐり (真人周辺)  月山神社の由来 (月山一番地) 平賀源内の宝玉 (沢口)  五本の柳の木   蛇ニオ (荻袋) ムグリコ、ムグタカ  天ケ台のお薬師さん (戸波)    機岳禅師の一字龍 (小栗山) 謎の「れいふさん」 (戸波)  龍骨(りゅうこつ)

ご興味を持たれた方はどうぞお手にとって御覧ください!
横手市内各書店(……あったらいいな)  イズミヤ印刷にて販売
ホームページより(送料有料)
http://www.izumiya-p.com/
スポンサーサイト



新刊! ゆがけに秘めた愛 雪ノ藍 著

新刊・出版物等
08 /09 2019

 
 川越を舞台に繰り広げられるラブストーリー。
 蔵の街にあるお店を中心に、様々な名所が登場し、プチガイドブックとしても楽しめる。川越の四季折々の美しさも綴っていますので、ぜひ御手に取ってページをめくってみてくださいね♬                          著者より

 表面的なストーリーは抽写していく過程で作者の思う通りに進行できるが、その内面的な、いわば舞台裏の説明がすこぶる解りやすく、実際にその場に自分がたたされて、人生を歩んでいる気分にさせられて、旅をしている姿が目に浮かびます。
  大館市 桜櫓館館長(2019年退任) 成田欽治氏 評


四六版250ページ 価格2,000円+税
ご注文はこちらから
http://shop.izumiya-p.com/?pid=144880997

雪國86号発刊されました

新刊・出版物等
07 /04 2019
雪国表紙86号

=雪國86号 目次=
小  説  天空を翔る(十)(最終回)    神部 龍平
      落合のナマズ おさむの釣行珍記より   後藤 征治
随  想  引っ越し   横山 章子
      人間は一二五歳まで生きられる   泉谷 好子
評  論  戦火を遁れて   土田 章彦
俳  句  日日抄   見田 英子
小  説  真実の壁(最終回)   石川 和男
      逃避欲求(第37回高校生のための文芸セミナー優秀作)高野 美桜
随  想  続南天竺通信(一)
      インド・チェンナイからの帰国前後の活動あれこれ 箱崎 作次
      大学へ行く   高橋 紀夫
 詩    父   沼倉 里佳
評  論  あの世はシャバダバダ   平山 五郎
川  柳  竹輪の眼   佐藤 あき
翻  訳  ハルコム灯台の謎   小松 脩一
記  録  日本時代に始まった台湾映画1  藤原 健史
方言詩   オドは浮気性、他   肥禿斎 石秀
評  論  『仙北旧跡記』の世界(3)
       貝沢岩の巻(下)     石橋 健朗
方言集   湯沢・雄勝弁あれこれ 補遺(2)   根本 俊夫
小  説  神様の使い 一   小松 郭公太


雪國86号ご注文は↓こちらから 定価700円+税
http://shop.izumiya-p.com/?pid=144032902

龍女の珠ー能恵姫物語の宇宙ー 石橋健朗著

新刊・出版物等
10 /16 2018
龍女の珠-b

龍女の珠ー能恵姫物語の宇宙ー
石橋健朗 著

 栗駒の山懐、秋田県南部の雄勝、平鹿の大地を潤す皆瀬川と成瀬川。この両河川の流域には能恵姫(のえひめ)という女性を主人公とする悲しい物語が語り伝えられている。この物語は、一つの寺院と二つの神社の縁起となり、また、昔話として様々なバリエーションで語られてきた。
 姫君が輿入れの途中龍神にさらわれてしまうという、一見荒唐無稽に思われるその内容や、戦国時代という動乱の時代を舞台にしていることから、これまでは、何らかの事実を隠す、あるいはそれを別の形で後世に伝えるという意図をもって作られた物語ではないかと推測されてきた。
 しかし、私もふくめて、近代人は科学的思考にとらわれるあまり、歴史的事実のみを追い求めてはいないだろうか。そのために、物語の中に流れる人々の願いや祈りを汲み上げることを怠って来たのではないだろうか。
 私は、滔々たる川の流れのごとく、綿々と語り継がれて来たこの物語をとおして、この地に生きた名もなき人々の精神世界をたどり、この伝承が織り成す聖なる宇宙を解きあかしてみたい。  ≪まえがきより≫

上製本四六版 全211ページ 本体価格 2000円+税
http://shop.izumiya-p.com/?pid=136102260

北方風土76号が発刊されました!

新刊・出版物等
07 /25 2018


戊辰戦争(慶応4・1868年)150年周年記念といたしまして2編寄稿されています。
秋田藩がどう関わったのか詳しく書かれております。
どうぞお手に取ってご覧くださいませ。

~目次~
戊辰戦争一五〇周年記念
戊辰戦争秋田戦線と箱館府との関係
  ―清水谷公考関係文書等による新事実―   神 宮   滋 1

戊辰戦争一五〇周年記念
「武器拝借願」秋田隊長兼取締・小野崎三郎文書の一考察(上) 
  ―「戊辰戦争・秋田口」収束後の軍事的状況を考察する―  佐 藤 真喜夫 18

【歴史民俗論編】
秋田出身「吾妻兵治」って何者?   加 藤 愼一郎 32
雪のアラカルト3   稲   雄 次 43
マタギは真田鬼(またぎ)か   石 山 憲 二 47
生保内節考   小田島 清 朗 54
伊豆山神社・長福寺と鶴の羽形城   髙 橋 富美雄 65
「太平記」に見る常陸江戸氏祖・那珂通泰の奮闘と石見国の争乱   那 珂 通 義 111
青森県八戸地方の中世の修験者たち
  ~怪奇な伝承と山伏の密集の謎と占と葬~
    ~中世起原の寺院誕生の秘密~   松 橋 由 雄 128
家康書状の取次に活躍した鷹商の田中清六   神 宮   滋 145

本体:2000+税
URL↓
http://shop.izumiya-p.com/?pid=133662091

イズミヤ印刷

横手市十文字町の、イズミヤ印刷です。自費出版・アルバム等随時受付中です。自分だけの、記念に残る“本”作ってみませんか?新しく相互リンクも歓迎中。コメントorメールでお知らせ下さい。
⇒ メールを送る
⇒ イズミヤ印刷ホームページ