北方風土74号 発刊されます!

hoppo-74.jpg


目次より
歴史民俗論編
起請文から見る中世 佐竹氏の神祇信仰  神宮  滋
口承文芸の非虚構性   星野 岳義
旧河辺町に残る南北朝秘史(試論)   石山 憲二
雪下駄について   稲  雄次
三戸十郎の前半生 江戸監物の後半生 合わせて一人の人生に!?
 伊予松山三戸家系図の謎     那珂 通義
「花折りに」考   歌の伝播と目的   本城屋 勝
吉彦秀武はいつ義家方についたか   加藤愼一郎
「清心尼公」法諱「異貌清公」~遠野南部家の女の殿様の奇異な戒名~~敵か味方か、戦国の女たち~ 
      松橋 由雄
史料編
進藤貞吉著『道中記』 (6)
(解説・翻刻・注記・編集)  相馬  登
我が村の歴史 第七号 深澤多市著 翻刻   森本 彌吉
百家風発
小田野直武作? 「猫」の蘭画   加藤愼一郎
書評編
歴史に学ぶ 神宮滋(著)『仁和寺尊寿院阿證』
―数奇な運命を仏道に生きた佐竹氏世子―   相馬  登
スポンサーサイト

黄昏て道険し -それでも秋田再生主義-

大変お待たせいたしました!!

発売となりましたので、ホームページ、お電話、メール等
お待ちしております!

あゆかわ のぼる著
黄昏て道険し -それでも秋田再生主義-
定価1,500円+税

http://shop.izumiya-p.com/?pid=115018839

黄昏て道険し -それでも秋田再生主義-



黄昏て道険し -それでも秋田再生主義-
あゆかわ のぼる著

 秋田県の人口は、もしかすれば年内に百万人を割るかもしれない。人口減少のペースは全国四十七都道府県のトップのハイペース。
 秋田県知事が、国勢調査の結果を見て、
「一抹の淋しさを感じる」と、他人事のように言ったが、そう言ってから、「危機感」という言葉を使って「県民もその思いを共有してほしい」と付け加えた。空しく、何のインパクトもない。
 人口減少にブレーキを掛ける策が何もない。あって取り掛かっても、その効果が全く現れない。そのことを県民は気付いている。……序文より。

今年は知事選、横手市長選と横手市民にとって大事な年です。
是非この本を読んで投票に行きましょう!!
定価1,500円+税


大変申し訳ございませんが発売は三月上旬となっております(/o\)

新刊情報! 旅の終わりに つづき



旅の終わりに つづき
 今回のお話しは沖縄・台湾・タイ・中国を旅行された旅行記と戦後七十年についてです。
 最近◎◎ホテル書籍問題がありましたが、時同じくして千葉様も同じ話題に触れられております。

旅はその国の歴史を知るいい機会。さあ出かけよう!と思わず次の連休に目が……
ぜひ一読ください。分かりやすく書かれております。
定価1,000円+税
↓ご注文はこちらから
http://shop.izumiya-p.com/?pid=112578903


さいごに……千葉様 ありがとうございます(*^_^*)。

新刊情報! 「仁和寺尊寿院阿證(にんなじそんじゅいんあしょう)」

魁新聞広告3


1月20日金曜日のさきがけ新報朝刊の一面下に広告掲載いたしました。


仁和寺尊寿院阿證 ―数奇な運命を仏道に生きた佐竹氏世子―
神宮滋(かみやしげる)著 

 十歳にして秋田佐竹氏初代の藩主、佐竹義宣の跡取りを約束された世子とされながら、
故あって十五歳で廃嫡され、のち京都仁和寺の有力院家である尊寿院を中興され、珍重
にも、今にその心情を伝える百首の和歌一巻を遺された阿證上人のことは、これまでは知
る人ぞ知る存在であった。 筆者は、上人の生母が筆者が生まれ育ち、今でも家を置いて
いる秋田県大仙市神宮寺の、富裕地主であった細谷氏の出ではないかという地元の脈々たる伝承に導かれ、長年にわたり精力的に上人と細谷氏生母のことを追究してきた。〈序言より〉


定価2000円+税
↓↓御注文はこちらから
http://shop.izumiya-p.com/?pid=112578779
プロフィール

イズミヤ印刷

Author:イズミヤ印刷
横手市十文字町の、イズミヤ印刷です。自費出版・アルバム等随時受付中です。自分だけの、記念に残る“本”作ってみませんか?新しく相互リンクも歓迎中。コメントorメールでお知らせ下さい。
⇒ メールを送る
⇒ イズミヤ印刷ホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
       閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR