FC2ブログ

紅白まんじゅうと白いたいやき

日記
11 /01 2018


20181101-2.jpg

今日は比較的暖かく晴れ間の見えたお天気でした☆
そして大変珍しい和菓子を2ついただきました!!!

まず、TOMさまより紅白まんじゅうをいただきました! ソフトボールサイズのおまんじゅうにただただ驚きました!オメデタイ(*^^)v
2つめは、「秋田の湯沢・雄勝弁あれこれ」をご出版されました根本様より白いたい焼き!!

従業員一同心よりお礼申し上げます(#^.^#)

今日は甘党日和!鷹党としては縁起が良い(*^^)v
スポンサーサイト

龍女の珠ー能恵姫物語の宇宙ー 石橋健朗著

新刊・出版物等
10 /16 2018
龍女の珠-b

龍女の珠ー能恵姫物語の宇宙ー
石橋健朗 著

 栗駒の山懐、秋田県南部の雄勝、平鹿の大地を潤す皆瀬川と成瀬川。この両河川の流域には能恵姫(のえひめ)という女性を主人公とする悲しい物語が語り伝えられている。この物語は、一つの寺院と二つの神社の縁起となり、また、昔話として様々なバリエーションで語られてきた。
 姫君が輿入れの途中龍神にさらわれてしまうという、一見荒唐無稽に思われるその内容や、戦国時代という動乱の時代を舞台にしていることから、これまでは、何らかの事実を隠す、あるいはそれを別の形で後世に伝えるという意図をもって作られた物語ではないかと推測されてきた。
 しかし、私もふくめて、近代人は科学的思考にとらわれるあまり、歴史的事実のみを追い求めてはいないだろうか。そのために、物語の中に流れる人々の願いや祈りを汲み上げることを怠って来たのではないだろうか。
 私は、滔々たる川の流れのごとく、綿々と語り継がれて来たこの物語をとおして、この地に生きた名もなき人々の精神世界をたどり、この伝承が織り成す聖なる宇宙を解きあかしてみたい。  ≪まえがきより≫

上製本四六版 全211ページ 本体価格 2000円+税
http://shop.izumiya-p.com/?pid=136102260

SL機関車が走ってる!!

日記
10 /11 2018


今日はあいにくの雨模様でしたが、弊社の近くをSL機関車が走るということで、畑をかきわけ行ってきました(#^.^#)
汽笛の音が心地よかったです。撮り鉄さんも集まって大賑わいの線路付近。
「久しぶりに煤のにおいをかいだよ」とおっしゃた方がいました。本物のSLなんだ!と感動しました(*^^)v(公園などにある置物のD-51しか見たことがなかったので……)

車掌さん??が手を振ってくれました!

日本が今……。

日記
09 /06 2018
9月5日の台風は、すさまじい勢いで午後10時頃でしょうか秋田沖を通過していきました。
ここ十文字町でも実ったりんごが落ちています。風がものすごく強かったです!!
収穫まであと少しだったのに……と肩を落としている農家さんがたくさんいらっしゃると思います。
停電になった地域もあるそうです。

9月7日、野球U-18の日本代表が韓国に負けてしまいましたが、次の決勝リーグで勝てばいいと……。TV観戦を終え眠りについたその夜……北海道地方に震度6という大きな地震!!!
当社社長は幼いころ北海道に住んでいたそうで、心を痛めております。

皆さまの安全と一日も早い復興を心からお祈りいたします。

北方風土76号が発刊されました!

新刊・出版物等
07 /25 2018


戊辰戦争(慶応4・1868年)150年周年記念といたしまして2編寄稿されています。
秋田藩がどう関わったのか詳しく書かれております。
どうぞお手に取ってご覧くださいませ。

~目次~
戊辰戦争一五〇周年記念
戊辰戦争秋田戦線と箱館府との関係
  ―清水谷公考関係文書等による新事実―   神 宮   滋 1

戊辰戦争一五〇周年記念
「武器拝借願」秋田隊長兼取締・小野崎三郎文書の一考察(上) 
  ―「戊辰戦争・秋田口」収束後の軍事的状況を考察する―  佐 藤 真喜夫 18

【歴史民俗論編】
秋田出身「吾妻兵治」って何者?   加 藤 愼一郎 32
雪のアラカルト3   稲   雄 次 43
マタギは真田鬼(またぎ)か   石 山 憲 二 47
生保内節考   小田島 清 朗 54
伊豆山神社・長福寺と鶴の羽形城   髙 橋 富美雄 65
「太平記」に見る常陸江戸氏祖・那珂通泰の奮闘と石見国の争乱   那 珂 通 義 111
青森県八戸地方の中世の修験者たち
  ~怪奇な伝承と山伏の密集の謎と占と葬~
    ~中世起原の寺院誕生の秘密~   松 橋 由 雄 128
家康書状の取次に活躍した鷹商の田中清六   神 宮   滋 145

本体:2000+税
URL↓
http://shop.izumiya-p.com/?pid=133662091

イズミヤ印刷

横手市十文字町の、イズミヤ印刷です。自費出版・アルバム等随時受付中です。自分だけの、記念に残る“本”作ってみませんか?新しく相互リンクも歓迎中。コメントorメールでお知らせ下さい。
⇒ メールを送る
⇒ イズミヤ印刷ホームページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。